ハワイアンジュエリーの総合情報サイト

もう悩まない!結婚指輪・婚約指輪のサイズ選び

ハワイアンジュエリーの婚約・結婚指輪のショップ選びのポイント

あなたの薬指のサイズは何号でしょうか?
婚約指輪結婚指輪を選ぶとき、重要なのがサイズ。
どんなに素敵なデザインであってもサイズが合っていなければ身につけられませんよね。

実感している女性も多いかと思いますが、指は水分の摂取量や、前日の食事内容や睡眠時間によってプクプクとむくんでしまうことも珍しくありません。さらに朝はすっきり入った指輪が夕方になると外すにもひと苦労……といった状況に陥った経験のある方もいるでしょう。

通常のファッションリングとは異なり、結婚指輪や婚約指輪は何度も買い直すアイテムではありません。
今回は、どのようにサイズを選べば良いのかをご紹介しましょう。

なぜ指のサイズは変わりやすいの?

冒頭でも少し触れたとおり、水分や食べ物の摂取や睡眠時間などで指のサイズは変わりやすいもの。
睡眠時間もバッチリ、暴飲暴食などせず何事もなく健康的に過ごした一日であっても、午前中と午後では異なるケースがほとんどです。
また、女性の場合は生理など身体の調子によって異なりますし、妊娠中はどうしてもむくみやすくなります。

どうやって結婚指輪・婚約指輪のサイズを決めたら良いの?

オススメなのは、午前中と午後の一日2回計測をすること。これによって、朝晩でどれくらいの差が出るのか分かるので、選びやすくなるでしょう。計測値をショップスタッフに見せ、相談をすれば、アドバイスをしてくれるはずです。
また、気をつけたいのが妊娠中。
先述した通り、妊娠中は非常にむくみやすくなります。現状のサイズで結婚指輪・婚約指輪を決めてしまうと、出産後にブカブカといった状況に陥ってしまうでしょう。
できれば出産を終えてからゆっくり指輪を選ぶのがベストですが、妊娠中に結婚式を挙げるなど指輪が必要になる場面もあるはず。そんなときには以前身に着けていたファッションリングを参考にするか、もしくはサイズ直しを前提としたデザインを選んでください。

季節によっても指輪のサイズが異なる

朝と晩、体調によってサイズは変わると書きましたが、もう一つ外せない要素が季節です。
指は寒い季節の方がすっきりとし、暑い季節にはむくみやすくなります。
冬に指輪をオーダーして夏の挙式で交換しようとすると、その場で入らないといった悲劇が……。
欲しいデザインには目星をつけておき、式が近づいてから購入するのも手です(ただしオーダーやサイズ直しが入る場合も想定し、ある程度の余裕をもって)。
また、自分たちだけで選ぶのではなく、経験豊富なショップスタッフに相談をしてみると良いアドバイスがもらえるでしょう。

実際にどうサイズを計測したら良いの?

では、実際にどうサイズを計測すれば良いのかをご紹介しましょう。
用意するのは糸やひもなど巻きつけやすいもの。第2関節あたり、指のいちばん太い部分に紐を巻きつけてください。
このときに注意してほしいのが次の3つのポイントです。

  1. 指が自然に曲がる
  2. 締め付けすぎず、ゆるすぎない
  3. 違和感なく馴染んでいる

この3点を意識し、指一周分に印をつけてください。そして朝晩分をショップに持参しましょう。
そうすれば、購入すべき結婚指輪・婚約指輪が分かります。

参考までに一般的な指まわりと号数は下記の通りです。

号数 指まわり 指輪の内径
5号 45 14.3
6号 46.1 14.7
7号 47.1 15
8号 48.2 15.3
9号 49.2 15.7
10号 50.3 16
11号 51.3 16.3
12号 52.4 16.7
13号 53.4 17
14号 54.5 17.3
15号 55.5 17.7

※単位はmm

注意!サイズはデザインによっても異なる

サイズを計測して自分は○号だと分った。ではさっそく好きなデザインの指輪を……となりますが、ここでも注意が必要です。
指輪デザインによってサイズ感は少々異なります。
例えば幅が細いリングであればゆったりと感じ、太いリングならば実際のサイズよりきつく感じるでしょう。
自分は○号だからと決めつけず、デザインに応じて試着することをおすすめします。
また、いつも身につけているファッションリングと号数が異なるケースも多々あります。
ファッションリングは装飾がされているデザインが多く、結婚指輪・婚約指輪はすっきりとしたシンプルなタイプが主。そのため、ファッションリングよりも号数が小さくなるケースも珍しくありません。

サイズは小さ目を選ぶべき?それとも大き目?

指のサイズは日々変わるもの。では2つのサイズで悩んだとき、どちらを購入すべきか悩んでしまいますよね。
正解は「今、自分に合うもの」です。
大は小を兼ねるし、「肥っても大丈夫かな?」と大きめのサイズを選んでしまうカップルが多いのですが、現状しっくりくるサイズを選ぶべき。
とくに結婚指輪は日常生活で身につけるアイテムです。ブカブカですぐに抜けてしまうと扱いづらく、紛失の原因にもなります。ストレスなく身につけられるサイズがいちばんですよ。
指がむくんで抜けづらいときには、ハンドクリームや石けん水を使うと滑りが良くなります。

ハワイアンジュエリーのサイズ直しはプアアリにお任せ!

現状自分の指にしっくりくるサイズを選んだ。しかし、生活をしていく中でサイズは変わってしまうこともあるでしょう。
そんなときは「サイズ直し」です。通常は購入した店舗で対応してくれますし、ジュエリーショップやアクセサリー工房などでも可能です。
でも、ハワイアンジュエリーの場合、サイズを直すことによって、あの美しい彫りが損なわれてしまうのでは…?
そんな心配をされる方もいらっしゃると思います。
日本最大の売場面積があるハワイアンジュエリーショップ、プアアリでは、リングサイズ修正機などを使って伸ばしたり縮めたりする±1号までのサイズ直しと、指輪の金属の種類を見きわめ、同じ金属を継いで溶接をする2号以上のサイズ直しに対応しています。後者では、専門のエングレーバーが自然な模様のつながり方を見きわめて、綺麗に彫り直しています。工房を隣接しているプアアリならではのきめ細かいお直しサービスです。

結婚指輪・婚約指輪は長く愛用するものです。購入時にはメンテナンスのことも視野にいれて選ぶと、より満足できる逸品を選べるでしょう。

まとめ

この前まですっきり入っていた指輪なのに、なんだかキツい……。もしかして肥った!?とショックを受けるかもしれませんが、指のサイズは一日の間でも変わりやすいものです。
結婚指輪は長く愛用するアクセサリーです。
小さなサイズの方が痩せているように見えるから!と余計な見栄は張らず、自分に合った指輪を選ぶようにしましょう。

写真協力=プアアリ