ハワイアンジュエリーの総合情報サイト

ハワイの大自然すべてが味方をしてくれるクムリポのモチーフ

ハワイアンジュエリーは一つのモチーフだけを彫り込むわけではありません。
二つのモチーフを合わせて彫り込むことも可能ですし、場合によってはショップと相談し、3つのモチーフをデザインしてもらうことも可能です。
その中で「クムリポ」(ハワイ語で「起源」を意味する)をご紹介します。

永遠の愛を誓い合うカップルに人気のモチーフ

hawaian8_01
スクロールとマイレとハイビスカスを組み合わせた贅沢なモチーフ

じいっと見ていると海に吸い込まれそうになる波。ネイティブハワイアンの間ではそれは「永遠」を意味するそうです。何度も何度も寄せては返すことから、その意味がつけられたのでしょうか?

hawaian8_02

永遠の愛を誓い合うカップルには人気のモチーフです。
さらにその上に、神が宿るといわれる神聖な植物の葉、マイレとハイビスカスを絡ませます。

マイレの意味は「信頼」と「幸福」。
ハイビスカスは「神に捧げる花」です。ですが日本の神道のように重々しくありません。

神様に「はい、どうぞ!」という軽い感じで捧げるのがハワイアンなのです。
ですが、ハイビスカスは、プルメリアのような魔力を秘めた花ではないにしても、侵し難い気品のようなものを感じさせる花です。
ハワイに行かれた方ならお判りでしょうが、ハワイ全土に咲いている花ですよね。
ですが、摘んでしまうのは、何か気が引ける、罰が当たりそう……そんなことを思わせる高貴な花です。

そんな「スクロール」「マイレ」「ハイビスカス」の3つを同時にモチーフとしてしまうのですから、ハワイの大自然すべてが味方をしてくれるような気がしますよね。
この「クムリポ」をバングルに彫り込んでカップルで身に着けるのもお勧めです。
バングルなら職人さんも楽に彫り込めるのではないでしょうか?

hawaian8_03

それにオシャレですよね。
シルバーやゴールド(特にピンクゴールドがお勧めです)でそんなに予算を取らなくても、付き合ってから○年の記念に、そんな感じでオーダーするのはいかがでしょうか?

hawaian8_04

もちろんマリッジリング(結婚指輪)としてもとってもおすすめのモチーフです。
夫婦の道のりは長いです。

恋人同士だったころのように、情熱的な愛ではなく、静かに家族としての温かい愛情をはぐくんでいくのが結婚です。

この「クムリポ」というモチーフはそんなこれから結婚生活を送り、やがて子供が誕生し、両方の親をそれぞれ自分の親のように大切にし、家族という強い絆で結ばれていくカップルにピッタリのモチーフだと思いませんか?

hawaian8_05

スクロールが長く続く愛情を示し、マイレがその愛を崇高なものにし、ハイビスカスに宿る神様が二人の道のりを応援し続けてくれる、そんな意味が宿っているアクセサリー。
こんなにたくさんの素敵な意味が一度に表わせるアクセサリーが他にあるでしょうか?
これぞハワイアンジュエリーの醍醐味ともいえますよね。

マリッジリングとしてなら

マリッジリング(結婚指輪)としてなら、プラチナで作りたい、そう思うカップルも多いと思います。
ですが、3つのモチーフを彫り込むにはプラチナはあまり適していない素材と言えます。
18金が一番なのではないでしょうか?
財産としての価値もありますし、柔らかいので、加工しやすい点が大きいのです。

hawaian8_06

この「クムリポ」以外にも一度にたくさんのモチーフを彫り込んだものは、多数あります。
例えば「マウロア」。
これはフラの神に捧げるマイレと、夫婦愛の象徴ハイビスカスを同時に彫り込んだモチーフです。
またハイビスカスには「あなたを信じます」というひたむきな気持ちが込められています。

古き良き時代の日本人女性のようですよね。
恋愛中も、また結婚してからも、相手を信じ、無条件に愛するということは簡単なようでいて、とても難しいことです。
ですが、男女の間をそっと守ってくれ、パワーを与えてくれる、それがハワイアンジュエリーの持つ独特のエナジーだと思います。
ぜひ気に入ったモチーフを彫り込み、二人だけのオリジナルのアクセサリーを作ってみたらいかがでしょうか?

写真協力/プアアリ