ハワイアンジュエリーの総合情報サイト

ハワイアンジュエリーのネックレスをオーダーしてみましょう

結婚指輪などをハワイアンジュエリーでオーダーするカップルが増えているそうですが、自分へのご褒美として、ハワイアンジュエリーのネックレス(ペンダント)をオーダーするのはいかがでしょうか?

シルバーで作れば5千円台からオーダーできますし、モチーフも豊富で、どれも美しく、また神秘的です。
自分を守るお守りとして、身に着ける、ハワイアンジュエリーをもっと身近にしませんか?
hawaian6_01

こんな美しいハワイの大自然を身に着ける気持ちで、気軽にオーダーしてみましょう。

まずモチーフを決める

hawaian6_02

プルメリア

ハワイアンジュエリーには様々なモチーフがありますが、自分へのご褒美、自分を守ってくれるお守りとして作らるなら、断然「プルメリア」がお勧めです。

ハワイ全土に咲き誇るプルメリア。
その意味は「大切な人の幸せを願う」です。ここで言う大切な人とはあなた自身のことです。

神に捧げる神聖な花であるプルメリア。
女性を美しく魅力的にする魔法を持った花としても有名です。
ハワイで挙式をするカップルの新婦は、必ずと言っていいくらい、プルメリアのブーケをオーダーするそうです。
ティアラを被るのではなく、プルメリアの髪飾りを着ける新婦の方も多いそうです。

そんな魅惑的な意味の花をモチーフにネックレスを作って気になる方にアタックしたら、素敵な恋が始まるかもしれません。

hawaian6_03

ハイビスカス

もうマンネリな恋に飽きた、新しい刺激的な恋がしたい――そんな方にお勧めなのがハイビスカスです。

ハイビスカスは新しい恋のチャンスをどんどん与えてくれるモチーフです。
美しく華やかにあなたの胸元を飾ってくれますよ。
モチーフとしてのハイビスカスの意味は、「ハイビスカスモチーフのハワイアンジュエリーがもたらす新しい恋のチャンス」という記事で詳しく説明していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

マイレ
ハワイではマイレは神聖な葉で、ウェディングで新婦が持つブーケに使われることが多いモチーフです。

「絆」「平和」「永遠の愛」など、結婚生活を控えたカップルにふさわしい意味がありますが、今お付き合いをしているステディな恋人との絆をもっと強いものにしたい人にもおすすめのモチーフです。

マイレはやはり神聖な植物としてネイティブハワイアンから大切にされてきました。
詳しくは、ハワイアンウェディングには欠かせないマイレモチーフのハワイアンジュエリーで大切な人との絆を結びましょうという記事をご覧ください。

スクロール(波)

「永遠に途切れることのない愛」「すべてのものへの慈愛」……そんな意味を持つ素敵なモチーフです。

プルメリアやハイビスカスの人気に押され、このモチーフを選ぶ方はまだ少数派のようですが、ネイティブハワイアンの間では、結婚の際にとても人気があるそうです。
「永遠に途切れることのない愛」という意味は、これから何十年も愛を育んでいくカップルに最もふさわしいモチーフと言えるでしょう。

このモチーフでネックレスを作れば、あなたはより愛情深い、素敵な人になることでしょう。
恋人や片想いの人への愛情だけでなく、家族や友人、身の回りにいるすべての人々への愛情が増し、あなたに一目置く人が増えるのではないでしょうか?
慈愛の精神を持つ人が少なくなった昨今、愛情深いあなたは周囲からの注目を集める存在になるはずです。

hawaian6_04

素材を決める

素材はシルバーに始まり14金18金、その中でもイエローゴールドホワイトゴールド、また希少なグリーンゴールドなどがあります。

一番高価なのはプラチナです。
プラチナの最大の長所は、その後のお手入れが一切必要ないことです。

ゴールドは色がくすんできてしまったり、緑色に変色したりすることがあります。
そんな時は作ってもらったメーカーに持ち込み、クリーニングしてもらえば元に戻ります。
逆にゴールドならではの長所もあります。
とても柔らかい素材ですから、複雑なモチーフでも簡単に彫ることができます。
ゴールドなら、たとえばハイビスカスとスクロールを合わせたモチーフにしたいといった希望を叶えることができます。

逆にプラチナの場合は、丈夫で変色もなく、作った時のままの美しさを保てる一方、ゴールドよりも硬いために、複雑なモチーフを彫り込むことができない欠点があります。
こういったことから、18金でオーダーする方が一番多いそうです。
貴金属としての価値もあり、なおかつ複雑なモチーフにも対応できる18金は、人気の素材です。

気に入ったモチーフが決まったら素材を選び、ハワイアンジュエリーで、世界で一つのあなただけのネックレスを作ってみませんか?

写真協力/プアアリ