ハワイアンジュエリーの総合情報サイト

東京 ワイアーヌエヌエフラスタジオ 山元夕香さんにフラの魅力を聞きました その2

レッスン前回に続く山本友香さんのインタビュー第2弾!
フラは曲の中にストーリーがあり、
それを振りとして表現しなければならないこと、
だからすごい集中力を必要とする踊りでもあることなど、
フラの核心に迫ります。

ハワイの魅力を一言で言い表すのはとても難しいですね

――そうなんですね。フラには癒しの効果があると他の講師の方もおっしゃっていますが、そういう形で表れるのは非常に興味深いお話です。先生は何歳から生徒さんを指導されるようになったのでしょうか?
山元先生「20代後半くらいからちょっと教えたりはしていたのですが、本格的に生徒さんを教える立場になったのは30歳の時です」

――お母様もフラの先生としてご活躍されたそうですが、お母さまがフラを始められたきっかけはそもそも何だったのでしょうか?
山元先生「母はもともと社交ダンスをやっていました。でも社交ダンスというのは男女ペアを組んで楽しむものですよね。ダンスにあこがれるのはやはり今も昔も女性が多く、母の時代も社交ダンスを習いに来る男性が非常に少なかったのだそうです。そうなると女性だけがあぶれる格好となりますから、踊れませんよね。その時母は『これからは女性が一人でも踊れて楽しめる、そういうダンスが流行るはずだ』――そう確信したらしいのです。それでフラを始めたわけです。」

――なるほど、そういう経緯だったのですね。山元夕香先生もまた、フラを始めてハワイに行かれるようになったんでしょうか? ハワイの魅力を一言で言うとどんな点でしょうか?

山元先生「そうです。フラを始めてハワイにも行くようになりました。いろんなイベントや大会もありますし。ですがハワイの魅力を一言で言い表すのはとても難しいですね。風が常に吹いていて、それが非常に心地いい風だというのは、日本と違う点でしょうか。気候が違うからそうなのかもしれませんが、さらっとしている風で、日本も風が吹くといえば吹きますが、ビル風であったり、心地いい風が吹いたとしてもそれに接するのは少ないですよね。でもハワイはそれが常に吹いている場所なんです。それは他の先生同様感じた点です。ですが、ハワイの自然に接して思わず泣いてしまう、そういったことはありません(笑)。
 ハワイの自然は雄大で美しく、目に映る景色は鮮やかでとても魅力的ですが、日本にも自然はいくらでもあります。こんな都会の真ん中でも探せば道端に咲いている花を見つけることができます。ハワイへ行って青々と生い茂った草木や花々を見てくると自然を感じる感度が高まりますね。またハワイには尊敬すべきところがあって、ハワイの方々が持っている地元愛やlove song、それをストレートに表現するところが素晴らしいな、また羨ましいなと新しいフラソングに接する度に新鮮に感じます。ハワイの地元愛を表現した歌や踊りもたくさんありますし。日本ではなかなかストレートに地元愛を表現するという事がありませんよね。それとあのゆったりとした時間の流れでしょうか。日本のようにせかせかとしていないんです。日常とかけ離れた世界のように感じる場所ですね」

山元夕香さん山元先生「私は美しいフラが大好きです。フラは美しく踊るものですし、観るのも好きですが、他の先生のように感動して泣いてしまうということはありません(笑)。フラの基本は笑顔なんです。笑って踊ること、まずそこから入ります。最初はぎこちない笑顔ですよ(笑)。踊るのに精いっぱいなのですから。ですが慣れて来るに従って笑顔も自然なものに変ってゆきます。また笑顔でありながら、ハワイアンの音楽に合わせて、足のステップ、手のハンドモーションを行う訳ですから脳トレにもなります。
 フラは曲の中にストーリーがあります。ハワイ語でそれを歌っているのですが、よく聞いてそれを振りとして表現しなければなりません。だから集中力を必要とする踊りでもあるのです。また見た目と違い足腰も鍛えられる踊りですし、フラを正しく踊るためには常に腹筋背筋を使い、姿勢を整える、それが第一歩になります。意外と全身運動なんですよ。ワンレッスン1時間15分やっておりますが、みっちりやると相当な運動量にもなるんです。そこが見た目と違うところです。まずはフラを踊る自分を受け入れて体を動かし、楽しんでもらいたいですね」

――ところでよくテレビで、フラをまねて、手を波打たせるような動きを体の前でやりますが、実際あのハンドモーションは何をあらわした動きなんですか?
山元先生「無いんです (笑)。本当のフラの中に、腕をあんな風に波打つように動かす振りは存在しないんですよ。行う高さによりますが、肩の高さだと踊りそのものを、下腹の前だと波になります」
(注釈:「ハンドモーション」ハワイの自然,山や木、花、鳥等を表し、その歌の物語を踊ります)

取材協力/セブンカルチャーネットワーク http://www.7cn.co.jp/7cn/culture/7cc/index.html


「ハワイアンジュエリー物語」では、今後も全国のフラ教室で活躍する魅惑のフラガールたちをインタビュー等で定期的にご紹介していく予定です。取材希望の教室関係者の方がいらっしゃいましたら、「お問い合わせ」よりご一報ください。自薦他薦を問いません。「ハワイ好きなら知っておきたいフラの歴史」」という記事もぜひご覧ください!