ハワイアンジュエリーの総合情報サイト

フラの魅力3 全国のスクール発 魅惑のフラガールたち 榎本知美さん

今回ご登場いただく方は、もうフラダンスをならって10年以上経つベテランフラガール
M・S様とその先生でいらっしゃる、「ハウラオカマヌフラレア」の代表、榎本知美先生。お二方にインタビューさせていただきました。M・Sさんは恥ずかしいからとおっしゃり、ご本名は伏せてくださいとのご依頼がございましたので、イニシャルで表記させていただきます。
フラダンスの体験談はM・Sさんにお答えいただき、お教室の特徴や今後の展開につては榎本先生にお答えいただきました。

enomoto

榎本知美先生(左)

M・Sさんインタビュー
形を追っているだけでなく、
そこにある意味をもっと表現したいです

Q.フラダンスを始めたきっかけは?
A.友人に誘われて。ホントに気軽な感じです。フラダンスには興味がありましたので、ちょっと体験してみたいな、という気持ちで始めました。

Q.何年くらい続けていらっしゃるのですか?
A.12年位ですね。

Q.かなり長く習っていらっしゃるんですね。お教室ではベテランの方じゃないですか?
A.私が通っているスクールでは10年選手はたくさんいますよ。

Q.それだけ長く続けられるフラの魅力とは?
A.そうですね。踊っていて楽しいからですね。
今では、週1回レッスンに行くのは生活の一部になっています。でも、発表会の前などはつらくて行きたくないと思うときもあります。結局レッスンに行ってしまいますが。クラスメイトも楽しい人たちなので続けられているのかと思います、自分でも不思議です。

Q.発表会は楽しいですか?
A.そうですね、楽しいですが当日まで苦しみもあります。自分の表現方法が上手くいかなかったり、チームで踊るのでフォーメーションでチームメイトともめたりもします。フラダンスは観せて楽しんでもらえることをベースにしているので形づくりが難しいですね。

Q.フラを続けてこられたのは何故でしょう?
A指導して下さる先生の踊りを見て、きれいなだけでなく、惹きつけられる何かがあって、なんとなくとしか言えないんですけど。

Q.今後もフラダンスをつづけていきたいですか?
A.はい、そうですね。もっと表現力をつけたいです。手の形にもいろいろな意味がありますが、身体全体を使って踊りの意味を表現したいです。形を追っているだけでなく、そこにある意味をもっと表現したいです。

Q.ハワイについてどんな印象がありますか?
A.2年前スクールのワークショップでヒロのスタジオで直接レッスンを習ったのですが、日本のスタジオとは違い、スタジオが屋外にあり、開放感があったことですね。自然を感じながら踊れたことが印象に残っています。

はじめから、私なんかよりもっとエピソードがある方の方が良いのではないですかと、終始心配してらっしゃいましたが、お話を伺っていてフラダンスへの純粋な愛を感じました。
そんなM・Sさんが10年以上通っているフラダンス教室の代表、榎本先生にもお話をお聞きしました。

榎本先生インタビュー
フラの魅力は踊りに物語があるということでしょうか。
自然や人を愛する気持ちを表現できるんですよ

――榎本先生がフラダンスを始めたきっかけは?
榎本先生「数年間ハワイに長期滞在をしてから、帰国後もハワイを感じる趣味を持ちたいと思ったからです」

――フラの魅力とは?
榎本先生「衣装が素敵、年齢を問わず楽しめる、体幹が鍛えられる、ハワイアンミュージックでリラックスできる等、色々ありますが、やはり一番の魅力は踊りに物語があるということでしょうか。一つ一つの振りに意味があり、自然や人を愛する気持ちを表現できるということです」

――スクールの特徴・カラーはどのようなものですか?
榎本先生「ハワイ島の名門スタジオの姉妹校として、本格的なフラが習えるということですね。3歳の子供から80代まで。年齢とレベルに合わせて多様なクラスで無理なく楽しめることです」

――地域との関わり、今後の展開はどのように考えていますか?
榎本先生「横浜を中心にフラのイベントに出演していきます」

――最後にハワイの魅力とは?
榎本先生「青い空、美しい海、白い砂浜、緑生い茂る山、甘い花々の香り、ハワイの魅力は美しい自然と人々の温かさにあると思います」

当初、M・Sさんにインタビューをお願いしましたが、スクールの特徴や展開などもお聞きする関係上、代表者でいらっしゃる榎本先生にもインタビューをお願いすることになり、生徒さんであるSさんから榎本先生にご連絡いただき取材が実現しました。お
二人の信頼関係を感じられるエピソードだと思います。

Sさんに「ハワイアンジュエリーに興味ありますか?」と伺ったところ、よくお教室でもお友達が、模様のあるブレスレットなどをつけているので少し興味があった、というお返事をいただきました。やはり、女性は指輪やブレスレットに興味があるようですね。

最後に、お二人のお話の中で私が興味を持ったのは、フラの振り付けの形のことでした。形を追っているだけでなくそこには意味があり、自然や人を愛する気持ちを表現することができることです。そこにはハワイの文化の根幹があるように思いました。それに衣装に使用する色にも島それぞれの色があるそうで、また一つハワイの知識が増えました。

取材協力
HaLau O KaManu Hu LaLe’A(ハラウオカマヌフラレア)
●交通
横浜スタジオ JR横浜駅
●所在地
〒220-0005
神奈川県横浜市西区南幸2-18-1 TSUTSU横浜ビル2F・3F
TEL/FAX045-319-8521
●レッスン時間:10時~21時
<レッスン内容により時間の変動あり。HPを参考にして下さい>
http://www.kamanuhulalea.jp/contact.html
●代表者 榎本知美
●主なコースと料金 入会金5,000円 月会費/週1回レッスン10,000円
<小学生6,000円 未就学児4,000円>
●レッスン内容  年代別4つのクラスがあります。その他タヒチアンダンスのレッスンもあります。詳しくはHPをご覧ください。
●教室の特徴   ハワイ島ヒロの有名なクムフラ、ジョニーラムホー氏が運営するフラ
ダンススタジオの唯一の姉妹校としフラダンスを指導しています。



「ハワイアンジュエリー物語」では、今後も全国のフラ教室で活躍する魅惑のフラガールたちをインタビュー等で定期的にご紹介していく予定です。取材希望の教室関係者の方がいらっしゃいましたら、「お問い合わせ」よりご一報ください。自薦他薦を問いません。(「ハワイアンジュエリー物語」編集部)