ハワイアンジュエリーの総合情報サイト

Chapter9 永遠の愛を誓う結婚指輪 ~ハワイアンジュエリーに神聖な祈りを込めて!

chap9

幸せな二人に寄り添うようなやさしい着け心地。
まごころ込めて、1本1本、緻密に作られる伝統的な匠の技を
頑ななまでに受け継ぎ守るジュエリー職人たち――
伝えていきたい未来への想いが
ハワイアンジュエリーのマリッジリングにはあります。
そう、ハワイアンジュエリーのマリッジリングは、
基本的にはオーダーメイドを選びます。
あなただけの「オンリーワンジュエリー」が二人の絆も愛情も育んでくれるのです。

リングに込められた神聖な祈り。
変わりゆく時間の中で、変わらぬ人の想いが宿る指輪を作ってもらうことが、
二人の絆を永遠に、そして確かにつないでいくのです。

10年先も、20年先も、できれば一生似合うリングを見つけたいもの。
婚約指輪も結婚指輪も、結婚という儀式に伴う単なる記念の品ではありません。
人生にとって、結婚はゴールではなく、
むしろ、すべての生活がこれから始まる大切なとき。
絆も愛情も積み重ね、大きく膨らませていきたい!
そんな始まりの象徴がエンゲージリングであり、マリッジリングだと考えてみてはどうでしょう。

<ハワイアンリングのオーダー項目>(ブランドやショップによってシステムは多少異なります)
■素材 指輪の素材は、ブランドにもよりますが、①ホワイトゴールド、②イエローゴールド、③ピンクゴールド、④グリーンゴールド、⑤プラチナ、の5つのタイプから選べます。基本的にはK14ですが、K18やプラチナをセレクトすることもできます。

■形状
「バレルリング」とよばれる樽のように丸みを帯びたタイプは、樽の中に夢や願望を入れることで願いや想いを守り、やがて成就へと導いてくれるといわれています。
「フラットリング」は平たい表面をしたタイプです。バレルと並んでオーソドックスで伝統的な形状ですが、バレルよりも模様がシャープで、くっきりとした存在感があります。
「フリップリング」は表面がバレル形状ですが、リングの内側にモチーフが刻まれた、内に秘めた想いが宿るリングです。表側からは通常のリングに見えますから、普段使いにも最適です。
(モチーフとしての樽(バレル)の意味は、「あなたの夢を熟成し、成功の美酒を約束してくれる樽(バレル)モチーフのハワイアンジュエリー」という記事で詳しく説明していますので、ぜひ読んでみてくださいね。)
「メッセージリング」は、その名の通り、メッセージ性の強いリングです。自分の名前、大切な人の名前、思い入れのある言葉などをそのまま身につけることができます。
「カットアウトリング」は、彫り込まれたモチーフのアウトラインを削り落としたリングで、立体感があり、モチーフが持つ瑞々しい生命感をより鮮明に感じることができます。

■幅とサイズ
リングの幅と号数を決めます。複雑な彫りをを入れるなら、細いアームは避け、4㎜以上をお勧めします。

■デザイン
ブランドによっても異なる多様な彫り模様がハワイアンジュエリーの特長です。サンプルからも選べますが、好みで組み合わせていくと、オリジナルジュエリーの本領発揮です。

■カット
サイドに何も施していないストレートタイプと、カットアウトタイプ、ノンエッジタイプなどがあります。細いアームの場合は、カットアウトを選ぶ人が多いようです。

■その他
ブランドによっては、ダイヤモンドを入れたり、特殊な仕上げを施すケースもあります。どんな加工ができるのかお店に確認するとよいでしょう。

(文・編集部)

chap9_2
ハワイアンジュエリー ミニコラム
ハワイアンジュエリーの結婚指輪には
ハワイのメッセージを刻印しましょう!

ハワイアンジュエリーのマリッジリングを作ろうと思っているあなたへ。

お気に入りのデザインが決まったら、二人のリングの内側には、永遠の愛を誓うメッセージを刻印しましょう。
もともと手作業で作る、世界に一つしかないものですが、言葉を入れることでさらにオリジナルな要素が加わり、あなただけの「オンリーワンジュエリー」になります。

この先、リングの裏側を見るたびに、ロマンチックな気分に浸れます。ハワイ語でよく使われる言葉は、次の通りです。

・愛を込めて Me ke aloha
・やすらぎ Welea
・可愛らしい Nohea
・ありがとう Mahalo
・導く Alakai
・美しい瞳 Makanani
・最愛の人 Kuulei
・大切な人 Kahiwa
・天使 Anela
・美しい花 Paulani

(文・編集部)