ハワイアンジュエリーの総合情報サイト

Chapter7「ハワイアンジュエリーの魅力」~10年経っても50年経っても壊れず、変わらない素材

chap7

ここまで長々と書いてきましたが、もう一度心を現代に移してみると、現在の世界の人口はなんと72億人にまで増えてしまっているそうです。2050年までに世界の人口はどんどん増え続け100億人を超えてしまうと予測されています。こんなに人間が増えてしまうと何が起こるのかは、まだ誰も経験をしたことがないのであくまでも予想の範囲を超えることはできません。

実際には、地球は60億人を満足させる力しかない、という話です。それなのに、世界は100億人に向かって増えていってしまうのです。60億人を満足させることしかできない地球に満足できない40億人が増えてしまったら……何が起こるかは、最近の世界のニュースを見て考えると、少し想像ができるはずです。

未来はもっともっと、助け合い、ゆずりあわなくてはいけないと思いませんか? 奪い合うような世界にしてはいけないと思いませんか? 窓を開けると気持ちが良い空気、海に飛び込める幸せを失ってはいけないし、僕達が口にしているものは、自然が与えてくれたものだと思いませんか? 自然に包まれている地球は、今よりも大切に守っていかなくてはいけないと思いませんか?

僕はそんな思いがハワイアンジュエリーの紋様には込められていると思っています。

僕がなぜこのハワイアンジュエリーを作る仕事をしているのか、の思いがここにあります。みなさんはジュエリーの特性をご存知でしょうか。

一般的にジュエリーというと高価なイメージがあり、洗練されたファッションアイテムの1つとして考えられていますよね。確かにファッションとしてのジュエリーの在り方はとても興味深いものがあります。

ですが、僕はジュエリーの2つの機能に魅入られているのです。

僕は大切な思いはいつまでも忘れずにいてもらいたい、と思っています。その思いには人それぞれの物語があっていいと思います。世界中にたくさんのジュエリーを販売しているブランドがあるのに、僕達のブランドを見つけて足を運んでくれた人達には、僕はこういう話をするようしています。

「大切な思いや、一番良い時の思いが、いつも思い出せるものがそばにあると素敵だと思いませんか?」 

すると今までこの話をさせていただいた人達はみんな「素敵ですね」といってくれました。僕も、大切な思いがいつも思い出せるものがそばにあることは幸せだと思っています。いつもそばにある為には、持ち歩きやすいということが大切です。

いつも持ち歩いているものは何ですか? 財布? 携帯? かばん? いろいろあると思います。しかし、もうひとつ重要なのは、大切な思いが思い出せるものは、ずっと壊れず、何年も何十年も持ち歩くことができる必要がある、ということです。その為、10年経っても50年経っても壊れず、変わらない素材で作らなくていけないのです。

いつも持ち歩き続けることができる。
100年経っても変わらない素材。

この2つの機能を有しているアイテムに、ジュエリー以上のものはありません。僕は家族や仲間を大切にする思い、自然に感謝して自然を守っていこうという思いは、持ち続けてもらいたいと思っています。

そして、「その思いは何十年経っても未来の子供達へ受け継いでいかなくてはいけないのです」という理由で、昔の人達が受け継いできたメッセージを、未来に伝えて行くことが、「ハワイアンジュエリーを作る」ということなのでした。

このように歴史や意味を振り返ってみると、決して夏だけの、海が好きな人達だけの、ハワイが好きな人達だけのジュエリーであってはならないような気がします。
家族や仲間を大切に思っている人達の、未来の世界の形を想像できる人達の、自然を大切にしていかなくてはいけないと思っている人達の為のジュエリーである、と。

本当のハワイアンジュエリーの歴史とは、ヴィクトリア女王のいた時代からのほんの150年前の歴史ではなく、もっともっと昔からの歴史があるものであるというのが、僕が調査して導きだした結論です。

これからは、未来の子供達の為にも、少しずつでも本当のハワイアンジュエリーの歴史を多くの人に伝えていこうと思っています。

(文・松尾琢磨)