ハワイアンジュエリーの総合情報サイト

期間は?用意するものは?ハワイアンジュエリーのリングをオーダー方法

一生にたった一度だけ、最愛の人に贈る婚約指輪や結婚指輪。
オーダーでつくるならば、世界に一つだけの特別なリングになります。
でも、ジュエリーをオーダーしたことがある人は少ないことと思います。
オーダーは時間がかかるのでは?
流れが複雑なのでは?
完成品が見られないからイメージ違いが起こるのではないか?
ほとんどの人は、そんな不安を覚えてしまうのではないでしょうか。
実際は、リングのオーダーは難しいものではありませんし、むしろ二人の門出をよりスペシャルなものにしてくれる最高の儀式であるとも言えます。
今回はお店にリングをオーダーする際の一般的な流れと注意点をご紹介していきましょう。

1.指輪をオーダーする店舗を探すところからスタート

まず、インターネットや口コミなどで自分たちのイメージを実現させてくれそうな店舗を探してください。
おすすめは、工房を併設しているショップです。
工房によって得意なデザインが異なります。シンプルながらも美しい曲線が得意なお店、細かな美しい彫りが得意なお店……。参考例を見つつ、自分たちのイメージを実現させてくれそうな店舗を選びましょう。
婚約指輪や結婚指輪は大変重要なもの。できればインターネットやカタログだけで決めるのではなく、実物を見にいくと、イメージ違いが起こりづらく安心です。

2.打ち合わせ予約。その間にざっくりと好きなデザインを考える

店舗が決まったら早速打ち合わせ予約。最近ではインターネットから簡単に申し込みができます。
お店に行く前に、一度自分たちのイメージを整理しておきましょう。
ノープランで臨んでしまうと迷いが生じやすくなり、後悔をする原因になってしまうことも。
「条件を箇条書きにしたメモを作成する」「イメージに近い指輪の画像を用意しておく」「ざっくりと絵を描く」、何でも構いません。
イメージを用意しておくことで打ち合わせがスムーズになり、理想の指輪の実現に一歩近づきます。また、一度製作スタートすると変更ができないケースがほとんどですから、この工程はとても大切なのです。
もちろん、不明な箇所や細かな点は、当日の打ち合わせで相談しましょう。

3.お店で実際に打ち合わせ

店舗が決まったら、いよいよオーダーするデザインの打ち合わせです。
特に工房を併設しているショップでは、デザイナーだけでなく、実際に製作している職人さんが同席してくれることもあるでしょう。
前項で挙げた、ざっくりと考えていたデザインをもとに相談をすると、話が早いです。
あなたの理想をどうやって実現するか、どうすればより良いものに仕上げられるか、ぷろっフェッショナルの視点でしっかりアドバイスしてくれますよ。
この際に、デザインばかりに気を取られて、できあがったときには予想外の金額に膨れ上がっていた!といいうことにならないように、予算もしっかり伝えておきましょう。
打ち合わせは、希望するデザインや店舗にもよりますが、1時間程度で終わったり、3時間超えの長丁場になることもあります。当日の時間には余裕をもってくださいね。

4.出来上がり日の相談など契約をする

デザインが決まったら、引き渡し日が決まります。
オーダーしたデザイン、店舗や混雑状況にもよりますが、1か月程度は見ておきましょう。人気のショップでは半年以上待たなければならないこともありますので、注意が必要です。
プロポーズをしたい日や挙式日など、決まった日にリングが必要な場合にはきちんと確認をとっておきましょう。もちろん、やむを得ぬ事情で工期が遅れる可能性もありますから、できあがり日には2週間以上の余裕を持っておいたほうがいいでしょう。
正式の発注を行う際には契約を行います。「契約」というと仰々しいようですが、多くのお店では無断キャンセルを防ぐために契約を結んでいます。イメージ違いの場合の直しや、サイズの修正が無料で行える回数・期間といった重要な内容も契約に含まれていますので、きちんと目を通しましょう。

5.受け取りを行う

さあ、期日になったら待ちに待った受け取りです。
受け取りは、配送してもらうこともできますし、店舗で受け取ることもできます。忙しい場合は配送でも構いませんが、できることなら直接受け取りをオススメします。
実際の物を見て、「オーダーしたデザインからかけ離れている」「指輪に傷がある」「サイズがしっくりこない」といった修正をお願いしなければならないことがあるためです。万が一のことを考え、その場で確かめた方が、いち早く対処できますよ。
さらに、お手入れ方法などをその場で直接質問できることも直接受け取りの大きなメリットです。

完全ネットオーダーは危険なの?

お願いしたいショップが遠方にあるなど、店舗に出向けない場合もあるかもしれません。
そのときは密に連絡を取るようにしましょう。何か疑問点があればすぐに相談できる親切丁寧な対応をしてもらえるのであればトラブルは起こりにくいです。
ハワイアンジュエリーの売場面積日本一を誇るプアアリでは、ホームフィッテイングサービスを提供しています。これは、自宅に実際の見本を確認できるキットを送ってもらうというものです。ぜひ一度問い合わせをしてみてください。

まとめ

ジュエリーのオーダーはなんとなく面倒だと感じていませんでしたか?
でも、実際にやってみると、職人さんやスタッフと一つのものを造り上げていく楽しみがあり、実際にオーダーをした人は「また機会があったらお願いしてみたい」と感じるほどおもしろいものです。
ただし、オーダーは既製品とは異なり時間がかかります。一つ一つ手作業でオーダー通りに造るため、どうしても工期がかかってしまうのです。
結婚式ギリギリにオーダーをしようとしても希望の工房では叶わないケースが生じてしまうかもしれませんから、ぜひ余裕をもって行動してくださいね。