ハワイアンジュエリーの総合情報サイト

癒し効果もあるモンステラモチーフのハワイアンジュエリーを身に着ければ、うれしい知らせがきっと舞い込んでくる

癒し効果もあるモンステラモチーフのハワイアンジュエリーを身に着ければ、うれしい知らせがきっと舞い込んでくる

大きな羽状に切れ込みが入った葉、ところどころに丸い穴があいているモンステラは、おしゃれな観葉植物として日本でもとても人気があり、運気をアップするグリーンとして知られています。生命力にあふれ、丸みを帯びた大きな葉が心をリラックスさせてくれるとも言われています。
今回は、ハワイアンジュエリーのモチーフとしてもポピュラーなモンステラについてご紹介しますね。

モンステラってどんな植物?

モンステラという名前は、「monstrum(モンストルム)」というラテン語から来ています。英語でいうと「monstrous」ですね。「奇怪」「異常」という意味です。
植物の名前としては変わっていますが、これは葉の深い切れ込みや穴があいた独特な葉の形状からそのような名前がつけられたと言われています。
まさにその変わった形の葉がモンステラに人気がある理由。
モンステラはメキシコから中央アメリカにかけてのアメリカ熱帯雨林気候区で、30種類ほど生息していたのが原産と言われています。この地域は雨季と乾季があるので、寒さにも強く、日本でも室内なら育てるのに適しています。
東南アジアやポリネシアなどでも親しまれており、野生で大きく生長したモンステラは、ハワイでもよく見られます。
ハワイを代表する花といえばハイビスカスやプルメリアが有名ですが、ハワイの大きなモンステラも必見の価値がありますよ。
サトイモ科のつる植物ですから、樹木にしがみつくように茎を伸ばしています。高さはなんと3メートル以上。すごい迫力ですよね!
ハワイの大自然をモチーフにするハワイアンジュエリーやハワイアンキルトでは、モンステラの葉は、モチーフとしてとてもポピュラーなものです。
また、モンステラの葉は成長するにつれて穴があき、その穴から太陽の光が射し込むことから、ハワイアンの間では「希望の光を導く」という言い伝えがあるのです。

モンステラの花言葉

成熟したモンステラは、つくしの先のようなエキゾチックな黄白色の花を咲かせます(鉢植えで育てると咲くことは少ないようです)。
モンステラの人気のもうひとつの理由は、その花言葉です。日本の花言葉は「うれしい便り」「深い関係」「壮大な計画」というポジティブなの3つです。英語での花言葉は「dedication(献身)」です。

  • 嬉しい便り
    幸福が舞い込んでくるイメージは、モンステラの葉に開いた穴から光が射し込むところを思わせますね。モンステラを飾れば、家の中に幸福を呼び込んでくれるでしょう。
  • 深い関係
    モンステラの大きくて丸みを帯びた葉は、家族の絆を深め、心を癒してくれるでしょう。
    人の気持ちを落ち着かせて、気になる人を引き寄せ、深い関係をつくることができるかもしれません。
  • 壮大な計画
    巨大で生命力旺盛なモンステラは繁栄の象徴。子宝を願うカップルや、商売繁盛を願う人にもぴったりです。大きな夢を叶えるための壮大な計画は、きっと幸運を引き寄せてくれるはず。
  • dedication(献身)
    モンステラは、ハワイでは生活に根づいている植物です。人々によりそい、その大きな葉で守ってくれるイメージがありますね。家族を思いやる気持ちをいつも忘れないように、モンステラのモチーフのハワイアンジュエリーを身に着けてみてはいかがでしょうか。

ハワイアンモチーフとしてのモンステラ

ハワイアンの生活に根づいていたモンステラは、身近でありながら神聖な植物として、とても愛されているモチーフです。
立派に育ったモンステラの姿と、葉の切れ込みから注ぐ日差しから、「希望の光」という意味がモンステラのモチーフにはあります。
大切な人との繁栄、そして金運の上昇などを願って贈られることが多く、その大切な人と親密な関係を深められる花言葉も、モンステラのモチーフが人気がある理由です。
ハワイアンスタイルを取り入れたお部屋には、モンステラの鉢がよく似合います。
じつは、ハワイではモンステラは古来から邪気払いに用いられてきました。
ハワイアンキルトの柄にモンステラが使われているのは、もともと魔除けの意味もあるからだと言われます。
また、モンステラはハワイ語で「湧き出る水」という意味があります。
じつは、モンステラは、根から水を吸い上げる力がとても強く、雨が降っていなくても、葉の上に水滴を浮かべるほど瑞々しさを保つことができることから、そのような意味がついたともいわれています。
水は、まさに命の源です。命は水があるところに芽生え、繁栄をもたらし、経済的な発展を築き上げられていきます。

風水のラッキーアイテムでもある

ポジティブな花言葉をもつモンステラは、風水でも良い気をもたらすスーパーアイテムとされています。
金運を良くすると言われ、玄関やリビングに置くことが勧められます。幸運の気を入れる玄関は、モンステラの魔除けのパワーを取り入れるのにぴったりですね!
金運アップのアイテムは南側に置くのがいいとされています。
また、明るいリビングにモンステラを飾れば、いかにも素敵な便りが舞い込んでくれそうです。
また、モンステラには心を癒す効果があると言われますので、ベッドサイドに飾ると、眠っている間にエネルギーをチャージしてくれるでしょう。
いずれの場合も、モンステラを置くだけで満足するのではなく、モンステラに見守られているという気持ちを持つことが、パワーをもらうための秘訣だそうです。

モンステラはミッドセンチュリーの王様プランツ

1950~70年代のモダンインテリアスタイルを「ミッドセンチュリーモダン」と言います。鉄やアルミ、プライウッド、プラスチックを使った新しい家具、インテリアが一世を風靡し、開口部が広く、石の壁や床が外から中まで一体になっていたり、サッシを開放できたりし、グリーンを積極的にインテリアに取り入れたモダンな住宅が多く生まれました。
60年代くらいから、アフリカや東南アジアなどの細工や、見たこともなかった熱帯の植物が住宅を飾るようになり、エキゾチックでスタイリッシュなモンステラが流行りました。
時代の雰囲気にぴったり合ったモンステラは、まさにミッドセンチュリーインテリアの王様プランツとなったのです。

モンステラを育ててみよう!

縁起がいいモンステラをおしゃれに飾りたいあなたのために、正しい育て方を紹介します。

簡単に手に入る品種はデリキオサかヒメモンステラ

  • デリキオサ (ホウライショウ): 観葉植物として流通しているものの多くは、デリキオサか、小型に品種改良されたヒメモンステラのどちらかです。テリキオサは葉が大きく、ツルが長い大型品種です。
  • アダンソニー (ペルツーサ/ヒメモンステラ): 鉢物として流通している代表的な品種です。茎や葉が小さい小型の品種で、葉の切れ込みが左右非対象なのが特徴です。
  • マドカズラ(フリードリッヒスターリー): 熱帯アメリカ原産の品種で、デリキオサやヒメモンステラにくらべると、見かけることは少ないかもしれません。葉は小型で切れ込みはなく、葉には虫食いにあったような無数の穴があいています。デリシオサに比べると暗さや寒い環境に弱い性質があります。

夏場と冬場で水やりは変える

モンステラの原生地は雨季と乾季が.あるため、夏と冬では水やりの頻度を変えましょう。夏はぐんぐん成長しますので、毎日たっぷりと水をやり、冬場は根腐れしないように、2~3日に1度という頻度が適しています。

直射日光には要注意

寒さに強く耐陰性もありますが、熱帯地域で日光を浴びて生息する植物ですので、なるべく日当たりの良い場所に置き、半日は日光に当てましょう。ただし、強い直射日光は苦手です。夏はベランダの明るい日陰、冬は日が当たるリビングのガラスの内側、春と秋はカーテンごしなど、季節で調節するのが理想的です。

モンステラの増やし方

モンステラは切り離して土に挿す「挿し木」という方法や、親株と子株を分けて植えかえる「株分け」という方法で増やすことができます。どちらも5~7月に行います。

2~3年に一度は植え替えを

生命力が旺盛なモンステラは根がよく伸びますので、鉢の中でパンパンになります。水分不足・養分不足を起こしてしまう前に、2~3年ごとに大きめの鉢に植え替えましょう。時期は7~9月がお勧めです。

モンステラをあしらったハワイアンジュエリー

モンステラのネックレス

モンステラのネックレスこちらはモンステラのネックレス。
とっても素敵で、運気が上がりそうですね。
イエローゴールドのK14、ピンクゴルドのK14、お求めやすいシルバーもあります。
プアアリなら、Pt900(プラチナ)、K18、K10など、素材違いでも作ってもらえます。お気軽にご相談ください。

癒し効果もあるモンステラモチーフのハワイアンジュエリーを身に着ければ、うれしい知らせがきっと舞い込んでくる まとめ

今回は不思議な観葉植物モンステラの魅力についてご紹介しました。
希望に満ちた意味があり、運気も上げてくれ、魔除け効果もあるモンステラ、ぜひハワイアンジュエリーのモチーフに刻んで身に着けたいですね。
大切な人への贈り物としても最適です。

写真提供=プアアリ