ハワイアンジュエリーの総合情報サイト

恋に効果 ハワイアンジュエリー No.16

恋するあなたを応援してくれるハワイアンジュエリー

hawaiianjewelry_true16-01

ハワイアンジュエリーブームの「なぜ?」

今、従来のただ美しいだけではなく、ラッキーアイテムになるような付加価値のあるアクセサリーやジュエリーが脚光を浴びています。
パワーストーンが一番わかりやすい例ですが、ネイティブハワイアンの人々の信仰の対象だったモチーフが彫られているハワイアンジュエリーもブームとなっています。
ハワイアンジュエリーは運気をアップさせてくれる「お守り的要素」以外にも、人々を引き付ける魅力をたくさん持っているアクセサリーです。
実際にご覧になった方はおわかりでしょうが、初めて見た方は「南国や原住民に由来するアクセサリー」から連想するイメージを、良い意味で裏切る「優美さ」「繊細さ」に驚かれるはずです。
どんな服装にも似合うスタイリッシュなハワイアンジュエリーは、女性のみならず男性にも人気です。
その辺がパワーストーンとはちょっと違う点です。
また昨今生まれた子供にハワイ語の名前を付ける方が多いと話題になっています。
ネイティブハワイアンの人々の自然信仰や隣人愛は、とてもロマンチックで崇高さを感じさせるもので、それがハワイ語にも表れているため、ハワイの魅力にハマった多くの方が、その恩恵を我が子も受けられるよう願うのでしょう。
そんな素敵なハワイ語をアクセサリーに彫り込むことができる点も、ハワイアンジュエリーが人気を集めている理由です。
自分でモチーフや刻むハワイ語を選びオーダーメイドすれば、この世にたった一つしかないアクセサリーが誕生するのです。
そのハワイアンジュエリーのモチーフの中でも、とりわけ若い女性に人気の「恋愛運をアップさせる」と信じられているものをご紹介しましょう。

スクロール(波)

ハワイの美しい海の寄せては返す波は、永遠に途切れることのない「愛」や「絆」の象徴として、マリッジリングやエンゲージリングなどの様なペアリングに、とても人気のあるモチーフです。
また、まだ具体的に結婚とは決まっていない恋人同士の間でも、スクロールをモチーフにしたペアリングは「離れていても恋人とつながっているような感じがする」と人気を集めています。

hawaiianjewelry_true16-02
hawaiianjewelry_true16-03

スクロールは男性にとっても縁起の良いラッキーアイテムで、恋愛だけではなく仕事面においても「繋がり」という要素から、会社での人間関係や取引先との交渉などとの関係が上手く行ったりすると信じられているそうです。
総合的な縁結びのパワーがある点から、男性女性に関係なく抵抗なく身に着けられるモチーフでもあります。

プルメリア

こちらはどちらかというと女性にとってかなりプラスに働くモチーフです。
プルメリアの花言葉は「気品」「親愛」「魅力」で、ハワイで結婚式を挙げる際、必ずと言っていいほど新婦の髪飾りとして使われます。
それは古くからプルメリアが「女性の魅力を最大限に引き出す力がある」と信じられてきたからです。

hawaiianjewelry_true16-04

日本ではそれほど馴染みのないプルメリアは、ハワイでは至る所に咲いている一番ポピュラーな花で、白い可憐な花びらは「純粋」や「気高さ」を感じさせ、甘い香りは「男性を引き付ける魅力の象徴」とされています。
またネイティブハワイアンの人々にとってこの花は「神の宿る神聖な花」としても大切にされており、儀式の際には祭壇に飾る花でもあります。
こういった言い伝えや慣習に惹かれ、ハワイアンジュエリーを身に着けたいと思った女性が最初に購入するのが、このプルメリアだと言われているのです。
女性が魅力的であることは、恋愛以外でもあらゆる面で有利に働きます。
会社での人間関係が円滑になる、また同性にも好かるようになるなど、そんなパワーも持ち合わせているモチーフと言われています。
つまり人気運がアップするモチーフということでしょう。
好きな人から魅力的な存在として見られたい、振り向いてほしい気になる男性がいる、そんな方はプルメリアをおススメします。

マイレ

これも日本ではあまり馴染みのない植物ですが、ネイティブハワイアンの人々にとってはプルメリアと同様、あるいはそれ以上に神聖な植物として大切に扱われてきました。
プルメリア同様、儀式には欠かせない植物で、結婚式には花嫁や新郎のブーケとして使われる植物です。

マイレのブーケは神に捧げられる植物。花嫁や新郎のブーケに用いられることが多い

マイレのブーケは神に捧げられる植物。
花嫁や新郎のブーケに用いられることが多い

マイレの語源となったのはハワイ語で、この世の中のすべての神が宿るエネルギー体を指している言葉「マナ」です。
日本を含め外国人がハワイで結婚式を挙げる際には、新婦のブーケとして使われますが、ネイティブハワイアンの結婚式では、マイレで新郎新婦を一つにつなぎ、新しく家庭を築く若い二人に神のご加護がありますように、また親戚関係になる両家が共に栄えますように、と祈りとともに神に捧げられる植物なのです。
このモチーフの意味を知っているカップルは、マイレをマリッジリングやエンゲージリングの模様としてオーダーすることが多いのだそうです。
ハワイアンウェディングには欠かせないマイレモチーフのハワイアンジュエリーで大切な人との絆を結びましょうという記事もご覧ください)

バレル(樽)

これまた日本人にとっては「どうして?」と思ってしまうモチーフですが、ネイティブハワイアンの人々にとってバレル(樽)は、神に捧げるためのお酒を熟成させる物であったことから、夢や願望を成熟させ、達成へと導いてくれるラッキーアイテムと捉えられてきました。
日本にも有名な「秘すれば花」という言葉があるように、ネイティブハワイアンの人々は本当に叶えたい夢や願望がある時、決して他人に話さないそうです。
内に秘めることで実現させるパワーが増幅されると信じられていているからです。
その内に秘めた、外からは決してわかることのない情熱が、樽の中で静かに熟成されていくお酒に似ているという発想から、バレルが尊ばれるようになりました。
こちらは恋愛に限らず、あらゆる夢や願望をお持ちの方におススメのモチーフです。
バレルを扱っているハワイアンジュエリーメーカーは少数です。
バレルのパワーが欲しい方は、オーダーメイドができるショップに相談してみましょう。 
モチーフとしての樽(バレル)の意味は、「あなたの夢を熟成し、成功の美酒を約束してくれる樽(バレル)モチーフのハワイアンジュエリー」という記事で詳しく説明していますので、ぜひ読んでみてくださいね。

いかがですか?
こちらに紹介させていただいたのはほんの一部です。
ネイティブハワイアンの人々の豊かな発想と深い信仰から生まれた、モチーフはまだまだたくさんあります。
お近くにハワイアンジュエリーを扱っているお店があれば、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?
あなたの疑問に親切に答えてくれるハワイ通のスタッフやオーナーが、きっといるに違いありません。 

(記事中写真はイメージです)

写真協力/プアアリ